口周りの産毛を脱毛するには

口周りの産毛を脱毛するには

口周りの産毛を脱毛するには、自分で毛抜きをするか永久脱毛しかありません。

 

口周りの産毛脱毛ということで、デリケートな場所なので、自分での毛抜きはおすすめできません。
結局、口周りの産毛脱毛なら、永久脱毛かエステサロンでの脱毛となります。

 

自分に合いそうな、利便性のある、費用も納得いくようなところを選んで無料カウンセリングに行ってみましょう。
一度脱毛すると、自己処理する必要がなくなりますので、朝のメイク時間もたっぷりとれますし、何より、産毛がないことでメイクのノリが良くなります。
エステサロンなどのフォトフェイシャルなどと一緒に施術してもらうと毛穴レスになって、美しい肌、たるみのない肌への生まれ変わることができます。

 

次はやってはいけない毛抜きです。

 

上述しましたが、ローラー脱毛、テープ脱毛、パック脱毛など多くの脱毛とツールがアマゾンなどで格安で販売されていますが、これらはすべて毛抜きです。
1本1本自分で毛抜きするか、上記のようなツールを使って一度に毛抜きをするのかが違うだけです。
毛抜きをして毛穴をいためたり、肌をたるませたりしないようにしてください。

 

毛を無理に引っ張ってぬいていると、肌がたるんできます。つまり、老け顔になってしまうということです。
他にも弊害はたくさんありますので、毛抜きだけはやめておきましょう。

 

やはり、一番いいのは、皮膚科の先生がいる医療脱毛でしょう。レーザー照射力も強く、麻酔もしてくれ、薬もくれて、万が一にもちゃんと対応してくれます。
しかも、レーザーが強いために、うすい産毛や難しい鼻の下なども腕のよい人がレーザー照射してくれれば、通う回数が減ります。

 

さらに、エステサロンの脱毛です。こちらはあまりつよくない光照射となりますので、通う回数はクリニックよりも少々多くなります。
ただ、ついでにマッサージや、リラクゼーション、毛穴引き締め、痩身などの、他のエステメニューも一緒できることがメリットになります。
医療脱毛も、エステ脱毛も、どちらもメリットデメリットがあります。

 

だから、時間がかかっても、他の痩身メニューなどと一緒に通いたいと思う人はエステサロンへ行けばいいと思います。

 

ただ、口周りの産毛を早い時期に脱毛して欲しいと思う人は、短期で少々高額の医療脱毛を選んで施術をしてもらうのがいいと思います。
今では医療脱毛でも安くなっているところが多いそうですよ。一度探してみてください。

 

まずは無料カウンセリングの予約から始めてみてくださいね。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?