顔の産毛処理でニキビ跡がくっきり

顔の産毛処理でニキビ跡がくっきり

顔の産毛処理をしたら、いままで隠れていたニキビ跡がきれいに見えるようになってしまった。

 

顔の色はワントーン上がったけれど、ニキビ跡をどうにかしないと、顔の産毛は綺麗になくなったのに、ニキビ跡がたくさんでは、綺麗な産毛なし肌が台無しです。
そこで、産毛やニキビ跡も両方治療が同時にできるという方法をみつけましたよ。

 

近年はサロンで顔脱毛をする人が増えてきています。
顔はデリケートな部分なので、顔脱毛をしたくても具体的にどんな施術を行うのか、知ってから申し込みたいですね。

 

顔脱毛で産毛を処理するメリットは、化粧のりが良くなる、毛穴が小さくなる、肌に透明感が出る、などの美肌効果があげられます。
つまり、ニキビ跡がある人は透明感が出るので、美白効果もあるということです。

 

顔脱毛の方法はいろいろあり、医療レーザー、光脱毛、ブラジリアンワックスなど、身体の脱毛と同じ方法で行うことが可能です。

 

顔脱毛の方法はいくつかあるので、自分の肌に合った脱毛法で処理することにしてください。それはカウンセリングを受けて決めていきましょう。

 

もちろん、ニキビ跡があっても顔脱毛は出来ます。顔脱毛のメリットはニキビの予防や改善だけではなく、ニキビ跡が薄くなることもあげられます。
顔脱毛をすると、産毛の影が目立たなくなり、顔がワントーン明るくなるため薄化粧でも肌がきれいに見えます。

 

化粧をしっかりすればするほど、肌には負担がかかり、きちんと落とさなければ肌のターンオーバーが乱れがちになるため、ニキビ跡は消えにくくなるのです。

 

アレキサンドライトレーザーは、医療用レーザーの1つで、一番効果があるといわれているレーザーです。(ただし、エステサロンにはありません。クリニックだけです。)
毛のメラニン色素に反応し、毛を生成する毛乳頭に光を照射して破壊することで、毛を生えなくする脱毛方法です。

 

顔の産毛など、細かい毛であっても効果があります。体毛が薄く、毛の色素が濃い日本人に合った効果の高い脱毛方法です。
アレキサンドライトレーザーは、シミやニキビ跡などの皮膚の治療でも使われているので、皮膚が弱い人、敏感肌でも施術を受けることができます。

 

光の照射温度は高いですが、照射と同時に冷却ガスを肌にあて、身体にあたる熱をとばします。痛さは輪ゴムで弾かれた感じ程度です。

 

顔脱毛をすると、毛穴を押し広げる産毛がなくなるので、毛穴が引き締まり、毛穴に皮脂やホコリが詰まりにくくなります。美肌になるため、薄化粧で済み、肌の負担が軽くなるので、ニキビ跡の色素も早く消えていくことが期待できます。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?